思考

仕事に役立つ心理学 仕事のモチベーションを上げる具体的方法5選

人というのは思っている以上に単純な生き物です。

 

簡単なことで取る行動が変わります。

 

あなたが自分や回りの人のモチベーションを変えたいと思っているなら

 

この記事の内容をしっかりと行動するようにしましょう。

 

 

最初に特典を与えてモチベーションを高める

 

とある飲食店。今回はハンバーガー屋さんにします。

 

1つはそこのハンバーガー屋さんでは「スタンプ10個でハンバーガー1つ無料」

 

のスタンプカードを渡しています。

 

もう一つは、「スタンプ12個でハンバーガー1つ無料」なのですが、最初にすでに2個押している状態のカードを渡します。

 

仮に来店につきスタンプ1つの場合、どちらにせよ10回来ないといけません。

 

しかし最初にスタンプを2つ押してあるほうが、客のリピート率、再来店率がかなり高くなります

 

不思議ですよね。

 

人の心理は「もらった特典を使わないともったいない」という意識が働きます。

 

すでに2つスタンプをもらっているので少しお得な感覚になりますよね。

 

 

このようにリピート、再来店・利用させたいような場合には、

 

何もない状態で始めるのではなく、最初に特典などを与えることでモチベーションを上げることができるという事です。

 

これは仕事の場合、任せたい仕事をあえて少しだけ自分でやってから部下に任せることで

 

「上司の仕事を無駄にしてはいけない」というある種の責任感を芽生えさせて、モチベーションの管理に役立ちそうですね。

 

気分を上げると仕事の効率も上がる

 

ある実験があります。

 

架空の患者を診察してもらう医者がいます。

 

診察の前に医者を3グループに分けました。

 

 

まず一つ目のグループは何もしないグループ

2つ目のグループは事前に医療記事を読んでもらうグループ

3つ目のグループは事前にキャンディを渡しました

 

結論から話すと、キャンディを配ったグループは診察の正確さ、速さともに他のグループよりもより速く正確に診察をすることができました

 

これを「キャンディ効果」といいます。

 

人は気分がいい状態で何か作業を行うと、集中力、効率が高まるという事です。

 

毎日の仕事の前に、朝食で好きなものを食べる。

 

会議やミーティングを行う場合は、お菓子などを食べて気分を上げながら議論をしたりすることで、良い結果を得られるかもしれません。

 

ぜひこの「キャンディ効果」を使ってみてください。

 

目標に向かっているときが最も幸せ

 

これは皆さんも実感したことがあるのではないでしょうか。

 

仕事でもプライベートでも、何か目標を設定し、それに向かい走っているときが人は一番幸せを感じます

 

そして目標を達成してしまうと幸福度は下がってしまいます。

 

そのため仕事に限らず、人生において目標というのはものすごく重要な事です。

 

何事にも必ず目標を決めるようにしましょう

 

手間を増やすと行動しなくなる

 

こちらもある実験の話なのですが、

 

同じ量のクッキーがあります。

 

1つは箱の中にむき出しのクッキーがおいてあります。

 

もう一つは1個1個小分けのクッキーです。

 

 

すべてのクッキーを消費するのにかかった期間は、

 

箱の中にあるクッキーは6日間ですべてなくなりました。

 

それに対し、小分けのクッキーはなんと24日間もかかりました

 

1個1個小分けのほうが、便利で食べやすいと思うのですがそんなことはないようです。

 

 

たしかに1つ1つのクッキーを袋から取り出すのは手間が多いですよね。

箱に入っていれば、手に取って食べるだけなので袋を開けるという手間がないですからね。

それにしてもそのように違いだけで、全てなくなるのに4倍の時間がかかるのは意外でしたね。

 

 

このように、人にやらせたくない場合はとにかく面倒くさくすればよいのです。

 

 

例えば、何か商品やサービスを購入したとします。

 

何か問い合わせをしたい場合、電話のみの受付サービスなどありませんか?

企業からすればお問い合わせは、専用ページやフォームを作ったほうが対応は楽だと思うのですが、

 

それだと消費者にとって手間が少ないため問い合わせやすくなるので、クレームなども増える可能性があります。

 

そこで電話のみにすることで、そもそもの問い合わせ数を減らしているんですね。

このようにやらせたくない場合は意図的に工数を増やすようにしましょう。

 

与えるよりも取り上げる

 

これも実験の話になるのですが、

「成功したら1万円上げる」よりも

先に1万円を渡して置き「失敗したら取り上げる」という方が、

モチベーションが高まるようです。

 

 

新たにもらうよりもすでにあるものを取られるほうが、損をした気分になりますよね

特に人間は失うことを恐れる生き物です。

 

なので人をモチベートしたいときは何か取り上げるような発言をするのも良いかもしれません。

例えば、「評価を下げる」とか「プロジェクトメンバーから外す」などとという発言です。

 

 

※しかしこれは信頼関係を失いやすいので注意が必要です。
発言だけにしておいたり、言い方を考える必要がありますね

 

 

人の仕事に対するモチベーションを上げる方法をいくつか紹介しました。

このように些細な事や身近にあることで人のモチベーションを変えることができるのです。

実際にあなたが責任のある立場で、他人の仕事へのモチベーションを変えたい場合はぜひ参考にしてみて下さい。

 

またこの方法は自分自身にも使えることです。

 

よりよい人生にするためにも自分自身で仕事のモチベーションを上げましょう。


-思考

© 2020 Oneday Powered by AFFINGER5