食事

なぜ水を飲むと健康に?水を飲むメリット、デメリット

飲み物を水だけにすると良いというのはよく聞きますね。

実際に水を飲むことはかなりメリットがあります。

しかし甘いジュースやお酒を禁止にするのは勇気がいることですよね。

毎日ジュースを飲む人もいるのでは?

そんなあなたに今回は
今後の飲み物を水だけにしたくなるような情報をお届けします

水を飲むことのメリット

実際に水を飲むと体にどのような効果があるのでしょうか?

ダイエット効果

お酒やジュースには糖分やカロリーが多く入っています。

今まで摂取していた糖分やカロリーを摂らなくなるのでその分痩せるのは当然ですよね。

また寝起きに白湯を飲むことで基礎代謝が上がる効果があり脂肪が燃焼しやすくなります。

さらに食事前に水分を飲むことで食事の量も減らすことができます。

ここまで聞けば、ダイエット効果があるのは納得ですね。

肌がきれいになる

肌のトラブルの多くは紫外線によるものです。

紫外線のせいなのですが、水を摂ることは肌の老化予防を期待することができます。

逆に言うと肌トラブルが起きやすい人は日頃から水分不足なのもしれないですね。

さらにジュースやお酒などの飲みすぎも肌トラブルを引き起こす原因になります。

お酒を飲みに行った次に日は肌の調子があまりよくない。なんてことありますよね。

やはり糖分の摂りすぎはあまりよくありません。

また「糖分じゃないならいいか」とか難癖をつけてブラックコーヒーならセーフとか思う人がいるかもしれないですが、
やはり水のほうが良いです。

純粋な水の方が身体に吸収されやすいのは当たり前ですよね。

毛髪に良い効果

毛髪の成長にはビタミンB群が必要になります。

しかし甘い飲み物ほどビタミンB群を大量に消費してしまうので毛髪の成長を妨げてしまいます。

また甘い飲み物は皮脂を分泌させるので毛根がつまりやすくなってしまいます。

海外に比べ日本人に薄毛が多いのはこのせいかも?

水を飲んで身体の水分量を増やすと血行も良くなり、毛根に酸素と栄養が行き渡るようになるので発毛や成長が期待できます

お通じが良くなる

水を飲むことで消化器官の活動促進を期待できます。

それが結果的に肌トラブルの改善やダイエット効果にもつながったりもします。

身体にいつまでもいらなくなったものを貯めておきたくないですからね。

脳の働きが良くなる

脳の8割は水分といいます。

まじりっけのない水を摂取する事で脳に十分な水分を送ることができるので脳の働きが良くなるといいます。

あなたの判断が悪かったり鈍い、最近良く怒られるのは水分不足なのでは?

その他(実体験)

・何を買うか迷う時間、買いに行く時間が減る

ジュースを買うときは種類が色々ありすぎて何を飲もうか考えてしまいませんか?

またいちいちコンビニや自販機に買いに行くのは面倒くさいです。

水のみにすれば買うものを悩む時間もなくなります。水一択なので。

また2Lのペットボトルの買えばいちいち飲み物を買いに行く時間もかなり少なくなり、

手間が減り時間が増えました

 

・お金が浮く

これは単純ですよね。

自販機で160円のジュースと100円の水を毎日買った場合、
60×365=21900

年間21900円の出費を防ぐことができます

水道水を持ち歩けば、もっとお得になりますね。

 

・水筒を洗うのが楽

水筒を持ち運ぶ人も多いと思いますが、掃除が大変ではないですか?

しっかり洗っているつもりでも日に日に茶渋が付いてきます。

しかし水筒の底をしっかり洗うのは大変ですよね。

中身を水にすればそのような手間もなくなり洗うのが楽になりますよ

 

・味覚が良くなる

これは感覚の問題ですが食べ物の味がおいしくなったような気がします。

食事の際にコーヒーやジュースなどを一緒に飲んでいないですか?

一度水だけにしてみてください。

味の感じ方が全然違いますよ。

食事をおいしく感じるためにも飲み物は水がおすすめです

水を飲むことのデメリット

・味がしない

水の味がしないのがメリットであり、デメリットです。

やはり味がしないものはなんだか満足しづらい、飲んだ気がしないように感じます。
特に始めた最初の頃は毎回感じていました。

しかし慣れてこれば全然気にならなくなりますよ。

 

・水毒になる(なんでも過剰摂取は良くない)逆に胃腸の機能低下

なんでもそうですが過剰摂取は良くありません。

水の飲みすぎによる水毒。

胃腸の機能が低下することにより身体の重だるさ、集中力の低下。

つまり飲みすぎはよくないという事です。

 

・むくみ、冷え、トイレの回数増加の原因に

また水分の摂りすぎはむくみの原因になります。

身体内の水分が適量を超えてしまうと、余分な水分を外に出そうとしてむくんだり
トイレに行く回数が増えてしまいます。

飲む水の温度は体温よりも低いですよね。

そうなるとやはり冷えにつながってしまいます。

具体的にどのようなタイミング、量で飲めばよい?

実は人は生きているだけで2,3Lの水を排出しているのです。

例えば息を吐くときも肺から常に水分を出しています。

肺や軌道は常に湿っていて、この水分が呼吸によって1日に約400ml排出されています。

皮膚からも水分は排出されます。

知らないうちに皮膚表面から約1Lもの水分が排出されます。

また汗をかくことでも水分は失われるので、汗をかく量や環境に寄っては失われる水分はかなり多くなります。

さらに尿や便の排出でも水分は失われます。

健康な人の尿は1200ml、便からは100mlの水分が排出されます。

つまり合計すると少なくとも一日に2.3Lの水分が体外に排出されているのです。

なので理想は1日に約2,3Lの水分補給が理想です。

2,3Lの水の補給方法

方法は3つあります。

まず一つ目が食事です。

私たちは日々の食事で約600mlの水分を補給しています。
野菜やお米、お肉などには水分があるため食事でも補給することが出来るのです。

2つ目が燃焼水と呼ばれるものです。

これは身体に入れた食べ物を分解、消化などをする際に化学反応として発生する水分です。
これが約200ml。

つまり純粋に水を飲む量は1.5Lほどが理想になります。

この量をこまめに1日の生活の中で補給するようにしましょう。

個人的おすすめ購入方法

これはあくまで個人的におすすめの購入方法です。

水をたくさん飲みたいけど、いちいち買いに行くのが面倒だと思いませんか?

その手間が嫌な人はAmazonの定期便で水を購入するのをお勧めします。

1本あたり58円と自販機で買うより全然お得です。

さらに定期的に届くので無駄な手間がなし。
多くなったら配送ペースを送らせてもらえばいいだけなのでとても便利です♪

今日から水を飲んで健康的な生活を目指しましょう。

[Amazonブランド]Happy Belly 天然水 岐阜・養老 500ml×24本


-食事

© 2020 Oneday Powered by AFFINGER5