精神

学歴や経歴だけではない。現代における希少価値が高い人とは

皆さんもご存知の通りコロナウイルスの影響で世界が変化を起こしています。

その中で「人」の価値観も変わってきているのではないかと私は考えています。

数年前まではYouTuberなどという言葉はなかったように今の世界では情報の更新スピードが異常なほど

速く更新されています。

ここが希少価値を上げるチャンスなのではないでしょうか。

現在、様々な業界が影響を受けているため、やむを得ず事業縮小を行う大企業や倒産が相次ぐ個人事業主などが相次いでいる現状です。

実際、コロナ前は「資格を取っておけば将来安泰」「学歴が有利な社会」と言われていました。

しかし今はどうでしょうか?

コロナの影響で大企業に就職できてもやむを得ずリストラされている方もいらっしゃいます。

資格を持ち働いていても業界自体が影響を受け、業績悪化している会社もあるでしょう。

コロナの影響は経済や生活形態だけでなく「人」としての価値も変えているのではないでしょうか?

今回は今の現状も踏まえ、今後の社会において希少価値が高くなる人物について考えていきます。

 

現代の特徴

現在の日本では多くの方がスマートフォンを持ち歩くようになっています。

コロナウイルスが流行ってからは

「スマホで出来る副業!」

などというタイトルをよく目にするようになりました。

また「在宅ワーク」という以前の日本ではなじみのなかった自宅で仕事をするという働き方もかなり増えています。

ここから考えられることは、いつどこにいても仕事ができる環境ができているという事。

つまり1人でもお金を稼ぐことができるという事です。

従来の考え方としては、会社やオフィスに出勤して仕事をしていました。

またWワークやバイトなどをする際は、「自給○○円~」という

時間提供=お金を稼ぐ

の認識が一般的でした。

しかし現在では個人でビジネスをしている方も多く、月100万以上稼いでいる個人事業主もいるような時代です。

またプログラミングは最近のおすすめ職業としてよく聞きますよね。

今、インターネットがかなり普及した時代だからこそプログラミングという職業が広く認知されていますが、

数年前までは良く知らないという方もいたのではないでしょうか?

私自身も知りませんでした。

そう考えると今は本当に時代の流れが速くなりました。

しかし、これはチャンスにもなります。

今エンジニアは飽和状態といわれていますから、もしあなたが3年前からプログラミングを始めていれば?

ある程度のプログラミング技術があれば

会社員としてもフリーランスとしてでも生活できていたでしょう。

もしあなたが3年前からSNSを本気で頑張って、今ではフォロワーが数万人になっていれば?

企業や個人からの依頼でお金を稼げていたでしょう。

つまり何が言いたいかというと、今の時代はお金を稼ぐチャンスはいくらでもあるという事です。

もちろんお金=希少価値ではないのですが

少なくとも希少価値が高い人にお金が回ってくるのは世の仕組みです。

なのでお金が稼ぎたいという方は希少価値を高めなければならないのです。

希少価値が高い人とは

では実際希少価値が高い人とはそのような人なのでしょうか。

私が思う希少価値が高い人は

  • 自ら行動できる人
  • 自己管理能力がある人
  • 仕事を前向きに取り組む人

の3つだと考えます。

詳しく説明していきます。

自ら行動できる人

「自ら行動できる人」と聞いたときにあなたはどのような人を思い浮かべますか?

頭がいい人でしょうか?勉強ができる人でしょうか?

もちろんどちらも大事です。

しかし現在6割7割以上の人が大学に進学する時代です。

勉強や頭の良さだけでは希少価値が高いとは言えないでしょう。

先ほども例に出したのですが、今はエンジニアの需要が高まっている時代です。

業界自体の給与も高いですし、PC1台で働くことができます。

しかもプログラミングスクールは年々増えているので、あなたがプログラミングを学ぼうと思えば今すぐに学ぶことができます。

「給料を増やしたい」「自由な働き方が良いな」と思いつつも

「プログラミングってよくわからないし面倒くさそう」と思っていませんか?

理想があるのになぜ行動しないのでしょうか?

それでは世の中の大多数の人と同じになってしまいます。

「人」というのは安定を求める生き物なので、新しい挑戦や行動は確かにつらい時もあります。

しかしそこで行動しなければあなたは大人数の中の一人で終わってしまうでしょう。

なんでもいいのです。新しい知識や経験を得るための行動をする。

これが現代における希少価値が高い人と言えるでしょう。

自己管理能力がある人

現在では在宅ワークなどが進んでいるという話をしました。

そこで大事になってくるのは「自己管理能力」になります。

もちろんいつの時代でも大事なのですが、「個人で稼げる」「家で働くことができる」

今だからこそより求められることといえるでしょう。

私は現在会社員として働いておりますが、出社をすると嫌でも「働こう!」と思います。

給料を頂いているので、仕事中は常に何かやることがないか探しています。

しかし、家に帰ってからはどうでしょうか?家で過ごしていてもお金は発生しません。

1日本を一冊読んでも報酬はゼロです。むしろ買い物などで消費してしまいます。

その中で頑張る、働く、行動するというのは苦しいことだと思います。

やはり人は何か対価があることに対して、自分にメリットがあるから行動しますよね。

あなたも無償で仕事を頼まれたらやりませんよね?

しかし先ほども話した通り、自ら行動する人は希少価値が高くなる一つの要因です

1日10分でも読書をする自己管理能力がある人とない人では、1年後10年後に差が出てきます。

また会社では他人や上司の目があったり、勤務時間が決められているため仕事に取り組むことができます。

しかし家ではどうでしょうか?朝の9時から仕事をしようが夜の21時から仕事をしようが問題はないのです。

仕事さえすれば。

しかし人間というのは甘い生き物です。

あなたは夏休みの課題をラスト3日で終わらせるタイプでしたか?

仕事で「間に合いませんでした。」は致命的なミスです。

そうならないためにも自己管理能力を高めることをオススメします。

具体的には習慣を作るのがよいでしょう。

出勤日に限らす休日も起床時間を統一したり、一日の中で読書時間を設けたりするのです。

具体的な方法はこちらの記事に書いているので参考にしていただければと思います。

7つの習慣 成功するための習慣とは?【結論】やることを決めて行動する

仕事を前向きに取り組む人

最後は「仕事を前向きに取り組む人」です。

要するにお金をもらえるから働こうと思うのではなく、

働くことにより、「自己成長をする」「自己価値を見出す」など給与以外の働く意味を持ち、

前向きに取り組むことです。

いわゆる「現代の多くの若者」の特徴としては

  • 夢や目標がない
  • 高いものを買わない
  • 休みや勤務時間を重要視する

と言われていますよね。

昭和の時代では、高い車に乗り美女を連れて毎日銀座で飲み歩く

ということに対し多くの方が憧れていたでしょう。

しかし現在は家でゲームをしたり友人と遊びに行くくらいでしょうか?

車を買わない人も増えましたし、お酒も飲まないという人も多いですね。

別にどちらが良いという事ではありません。

もちろん休みが多く勤務時間は短くて同じお金がもらえるのならそのほうがいいという考え方も尊重できます。

しかしそれでは働いている最中は変えることばかり考えてしまいませんか?

昭和の人たちはその憧れが仕事のモチベーションになっていたのは間違いないでしょう。

やはり仕事に前向きに取り組むことは、自己価値や希少価値を高めることになります。

つまりあなたも仕事をする際は、自分なりに給与以外の働く意味を持ち前向きに仕事に取り組むようにしましょう。

現代における希少価値が高い人 まとめ

今回は希少価値が高い人、今後高くなるであろう人について考えました。

あくまでこれは私個人の意見になります。

しかし今コロナの影響で社会が変わってきているからこそ、チャンスが生まれてくると思います。

そのチャンスをつかむかどうかはあなた次第です。

ただ、確実に希少価値が高い人ほどつかみやすくなるのは間違いないと確信しています。

そうなりたい方は是非参考にしてもらえればと思います。

最後に希少価値が高い人についてまとめておきます。

  • 自ら行動できる人
  • 自己管理能力がある人
  • 仕事を前向きに取り組む人

是非今日から今から希少価値が高くなるようにしていきましょう。


-精神

© 2020 Oneday Powered by AFFINGER5