思考

会社で周りの評価を上げる具体的方法。【結論】うまく立ち回ろう。

まず大前提として、この記事は会社で今よりも「評価を上げたい」「結果を残したい」「給料を上げたい」など

今の状況よりも向上したい方に発信している情報になります。

そのため仕事をだらだらこなし、現状のままで良いと考えている方は読まないことをお勧めします。

 

周りの評価を上げる目的

はっきりお伝えすると、今回の内容はあなたが我慢したり周りに気を遣う内容もあります。

しかし、些細な日常の出来事を我慢することによってあなたには後々大きなチャンスが巡ってくると断言します。

なぜならあなたを評価しチャンスを与えるのはあなたではなく周りの人たち、上司だからです。

つまりあなたが結果を残しても、上司に嫌われていたらチャンスは確実に少なくなるという事を覚えておいてください。

 

評価を上げる方法

具体的に周りの評価を上げる方法を紹介していきます。

上司を否定しない

私の周りにいる上司の話なのですが、部下や目下に意見を聞くときは決まって

自分の意見から話します

「~だと思うんだけどあなたはどう思う?」「~ってこうじゃない?」といった感じに

自分の意見を話してから意見を求めてきます。

毎回持論を聞かされるのは退屈ですが、これは評価を上げるチャンスです。

なぜなら先に意見を聞かれて、もし話した内容が上司の考えと違う場合相手は論破をしてくるか、自分の意見にさせようと必死に話してくるでしょう。

そうなるとあなたが認めるまで上司の退屈な話は続く事でしょう。

話すが終わっても上司からすると「あいつは俺と違う意見のやつだ。」という認識を持たれます

「いやいや、それは考えすぎでしょ。」と思っている方もいるでしょう。

しかしこれが事実です。人間というのは集団で生活している以上、自分と同じような人間で集まろうとするのは必然です。

こうなってしまっては上司から信頼を得るのは難しくなってしまうでしょう。

つまり多くのチャンスをもらうために、上司に似ているやつと思われるために上司を否定しないのです。

ただ明らかに言っていることがおかしい上司、周りからの評価がない上司は放っておきましょう。

常に言い訳を考える

「言い訳をするな!」昔からよく言われることですよね。

しかし私は「自分の評価を落とさないための言い訳」は大事だと思います。

例えばあなたは仕事の前日に夜の3時までゲームをしていたとしましょう。

そして次の日の仕事は案の定遅刻してしまいました。

怒られているときに上司に「昨日の夜は何をしていて、何時に寝たのか?」と聞かれますよね。

ここで馬鹿正直に答えてしまってはもちろんいけません。そんなの怒られるに決まっています。

それよりも「昨日は少し夜更かしをして1時まで本を読んでしまいました。」と答えましょう。

すると上司から「何の本を読んだのか」と聞かれる可能性があるので、過去に読んで多少覚えている本か、

仕事に役立ちそうな本を出勤中に軽く見ましょう。車の方はYouTubeで本の解説をしている動画を見ましょう。

軽く本の内容を話せる程度で大丈夫です。

 

どうでしょうか?正直にゲームを3時までしていたというよりも

仕事のために1時まで本を読んでいたと答えるほうが、評価は下がりずらいですよね。

もちろん嘘がいいという事ではないですが、普段頑張っているのに一度のミスで評価が下がるのはバカバカしい。

私はそう感じます。それなら少しでも評価を下げないようにするのが大事だと思います。

怒られそうなときは論点をずらす

上司と最初は普通に話していたのに「あ、これ怒られるやつだ」と思ったことはないですか?

そんな時は論点をずらしましょう。そして怒られるのを回避するのです。

例えば、朝早くMTGを行いました。その後あなたは上司に呼ばれこういわれます。

「きみ、眠そうな顔してたけど朝苦手なの?」

そしてあなたは「そうなんですよ。朝はどうしても苦手で...。」と答えます。

すると上司は「朝が苦手なのはわかるけど、MTG中顔が下がっていたり声が低かったり、肘をついていたよね?姿勢も悪いし。朝早いのはみんな一緒なんだからもっとしっかりしないと。そういうのが仕事にもつながってくるんだよ。」と長々お説教されます。

あなたに悪気はないかもしれませんが上司からはそう見えているという事をまず認識してください。

ではこの場合どのようにすればよいのでしょうか。

まず「きみ、眠そうな顔してたけど朝苦手なの?」と言われた時点で「怒られるな」と感じますよね。

「そうなんですよ。やはり朝に弱いと仕事にも影響が出ると思うので自分でももっと朝に強くなりたいと考えています。しかし色々試してもうまくいかなくて。○○さんは朝にお強いですか?何かしていますか?」

こう返事をするとどうでしょうか?さっきに比べると怒られなさそうですね。

論点を「朝、態度が悪い自分」から「朝に強くなる方法に変えたのです。

こうすることによりあなたが怒られ評価が下がることを少なくできるでしょう。

まとめ

今回は【会社で周りの評価を上げる具体的方法。】について紹介しました。

  • 上司を否定しない
  • 常に言い訳を考える
  • 怒られそうなときは論点をずらす

これは評価を上げるだけでなく、ミスをした際に評価をさげたくない場合にも使えます。

これを実践してもらえれば、確実にあなたは今よりも人間関係が良くなり働きやすくなるでしょう。

最初は難しいかもしれませんが、是非試してください。


-思考

© 2020 Oneday Powered by AFFINGER5