習慣

7つの習慣 成功するための習慣とは?【結論】やることを決めて行動する

ベストセラー、『7つの習慣』著者のスティーブンコヴィー氏によると最初の三つの習慣は強い自分の理想の自分を作るための習慣、  次に4から6個目の習慣は良好な人間関係やチーム ワークのための習慣、 7つめの習慣がこれら6つを使って自分を磨き続けるというものです。

この本では、最初の三つの習慣を自分で身につけないことにはそれ以降の習慣に進んでも意味はないと書いています。自分の信念や判断基準が曖昧な状態では人やその場の空気に流されて、イエスマンになってしまうだけですよね。

なので今日は七つの習慣の中で最も大切な自分の信念を確立する三つの習慣について書いていきます

まず一つ目の習慣は主体的になること。

世の中には二種類の人間がいます。一つ目が(主体的で自分の行動に責任を持つ人。)  2つめは( 反応的で他人や外部要因のせいにする人)です前者の主体的とは自分の幸せも不幸も自分の責任自分の感情や行動も自分自身が決めるというマインドセット 。

例えば自分より能力が 例えば自分より能力が劣っていると感じる同僚が自分を差し置いて出世した時あなたはどう感じますか。

反応的な人はあいつは部長に気に入られてるから出世することができたんだと外部要因のせいにしてしまいます。対して主体的な人はすべての出来事は自分の選択の結果であること、そして外部要因に文句を言っても何も変わらないことを理解しています。

何か嫌なことを言われて嫌な気分になったとしてもそれをズルズル引きずって1日を台無しにするか、それともスパッと切り替えて最高の一日にできるよう行動するのか選択するのはあなた自身です。

とある CM にこのようなフレーズがありました。『人生という道には助手席に座る人もいれば運転する人もいる。あなたはどちらを選びますか?』

自分の行動に責任を持ち自分の人生を自分で選択すること。

これが一つ目の習慣になります。

次に自分の信念を確立する二つ目の習慣は終わりから考えてから始めること。

第一の習慣が自分という車を自分で運転するための習慣とすれば、この第2の習慣はどこに行きたいかを自分で決めそこに着くまでの地図を書くという習慣になります。しかしここで注意して欲しいのは自分の将来を細かく決めてそのプラン通りに進むというわけではないこと。

そんなことはシンプルに不可能だからです。 例えばどんな仕事をして何歳でどんな相手と結婚してということではなく、自分の毎日をどの方向に向けたいのか自分がどのような人間になりたいかを決めるだけ。大まかなもので大丈夫というのがコヴィー氏の主張です。

そして彼がお勧めしているのがミッションステートメントを書くこと。これは人生のモットーであり行動の基準となるもの 。迷った時にこの人生の指示に従えば、自分が向かうべき正しい方向がわかるというのがミッションステートメントの使い方。

書かれていない目標はただの願いという言葉があるように、自分がなりたい自分や

自分の行動基準を書き出すことはとても重要です。是非ミッションステートメントを書いて、人生の地図を描いてみてください。

そして自分の信念を確立するための習慣は一番大切なことを優先すること。

コヴィー 氏は(我々のタスクは大きく分けて四つある)

と語っています左上から重要で緊急なもの。

重要だけど緊急性は低いもの。

重要性は低いけど緊急性は高いもの。

重要性も緊急性も低いもの、この4つです。

https://jmatsuzaki.com/wp-content/uploads/ScreenClip-8x621-500x371.png

例えば一つ目は大学の直近の課題明日の試験勉強 月末の支払い

2つ目には読書などの自己投資 健康な食事人付き合いの練習

3つ目LINE の返信や重要でないメールの返信

4つ目は長時間のゲームなんとなく参加した楽しくもない飲み会なんとなく見てしまう SNS など。

二つ目の重要だけどは緊急性は低いために割く時間をいかに増やすかが成功するかしないかの一番大きな差だとコヴィー氏は語ります。

それも当然で3つ目や4つ目など、自分にリターンのない時間の使い方をしてしまうと、5年後10年後に大きな差になることは明白ですよね。

まとめ

しかし人間の意志力には限界があり、重要でないこと時間を浪費してしまうものです。

ここで重要になるのがプランナーや予定表を必ず作ること。

その上で自分がやらなければいけない一番大切なものは何だろうと自分に問いかけそれが必ず達成される自分との約束だと設定するのです。

よく俺は余計に縛られたくないと言ってプランナーを作らない人がいますが予定表は自分を縛るものではなく自分が望む人生を設計する大切なツールです。コヴィー氏は一日単位の計画だと焦点が狭すぎ、月単位だと焦点が広すぎるので週単位で予定を計画することをお勧めしています是非実践してみてください


-習慣

© 2020 Oneday Powered by AFFINGER5