食事

オーガニックって何? 身近なあの商品も実はオーガニックかも

 

オーガニックは日本語で言うと「有機」という意味です。

「有機」というのは簡単に説明すると「燃えたり腐ったりするもの」です。

 

よくオーガニック野菜や有機栽培などの言葉を耳にする時があると思います。

 

あれは農薬や化学肥料などを極力使わないような栽培方法で育てられた野菜のことです。

オーガニックの基準

 

オーガニックは化学肥料や農薬をなるべく使用しないと説明しましたが、

基準はそれだけではありません。

 

国際的な規模で有機農業推進活動を行っているIFOAM( 国際有機農業運動連盟) は、

 

オーガニックの原則として「生態系」「健康」「公正」「配慮」の4項目を掲げています。

環境の保全 化学農薬や化学肥料を使わずに、水、土、大気を汚染から守ります。
健康な生活 保存料や着色料などの添加物をできる限り低減し、食品の安全性を確保します。また、化学的な染料や塗料を使用せず、アレルギーのない生活を目指します。
自然との共生 自然の動植物を守り、生物多様性を保全します。
身土不二 適地適作・地産地消で、地域の文化を大切にします。
健全な社会 児童労働の禁止、植民地栽培の排除、南北格差の解消など、人を大切にする社会を実現します。

日本オーガニック協会

 

つまりオーガニックへの取り組みには農薬や化学肥料、着色料などを使用しないだけでなく

環境問題や社会的問題などに対抗する意味もあるのです。

 

しかしオーガニックだからといって農薬等を使用していない訳ではないのです。

 

 

認められた農薬ならば使用していても「有機」と表示することは可能なのです。

 

有機表示できる農薬

 

このような様々な取り組みや決まりがある中で、認められた物だけが

オーガニック「有機」と表示することができるのです。

 

オーガニックはどんなものに表示されている?

 

オーガニックや有機と聞くと真っ先に野菜が出てくると思います。

 

実際スーパーなどに行くと、「有機野菜」や「オーガニック」という表示がされている商品をよく見かけますよね。

 

しかしこの表示ができるのは野菜だけではありません。

 

ほかにも表示されている商品が数多くあります。

例えばコーヒーなどにもオーガニックの表示がされています

 

 

オリーブオイルなどもよく見かけますよね。

中にはこんな物もありました。

 

シャンプーやリンスまでオーガニックのものがあるんですね。

食品以外のものでは「オーガニックコットン」を使用したナプキンや

トートバックまでありました。

 

商品を作るために使用されている綿などの素材がオーガニックだからだそうです。

 

しかし現在の日本では「食品関連」以外の商品は認定されていないそうです。

 

つまり極端にいえば先ほど紹介したシャンプーなどの素材が実は

オーガニックではない可能性もあるという事です。

 

ではどのように判断すれば良いのでしょうか。

 

オーガニック商品の見分け方

正直にいうと食品以外の商品で見分ける方法はありません...。

認定がないので、証拠もなにもありません。

 

先ほどの商品も信じて買うしかないですね。

 

オーガニックと広告している商品は、基本的に他の商品に比べて値が張るので

嘘で言っている商品も中にはあるかもしれません。

 

今後はこれらの商品にも認証システムを導入してほしいですね。

 

 

しかし食品には農林水産省からの認定がなければ「オーガニック」や「有機」

と表示できないため信頼できます。

 

その際の見分け方なのですが、下のようなロゴを見たことはありますか?

 

 

これは有機JASマークと呼ばれ、認定された商品にしか表示できないマークです。

 

スーパーなどでオーガニック食品を買うときに、このマークの有無を確認すること

確実なオーガニック食品の見分け方になります。

 

先ほど紹介したコーヒーやオリーブオイルにも表示されていましたね。

購入するときは注意して見てみましょう。


-食事

© 2020 Oneday Powered by AFFINGER5