食事

 海外製品の異物混入は仕方がない? 理由と対策方法 

 

先日プロテインで有名なメーカー「マイプロテイン」に虫が混入していると話題になりました。

特に話題になったのが、その後の会社の対応です。

 

購入者に対して返金は行われたそうですが、商品の処分は購入者に任せると。

また明確な原因も公表などされていないため、対応に不満を募らせる人たちがSNSで話題書き込みをしました。

 

ではなぜ企業はそのような対応をしてしまったのか。

 

日本の衛生基準は?

そもそも日本の異物混入に対する意識はどうなのでしょう?

一般財団法人 日本食品検査のホームページで確認したところ以下の通りでした。

 

分類 試験内容例
カビ、毛、金属、血液、等 外観検査(顕微鏡観察)、定性試験
虫の同定(属) 外観検査(顕微鏡観察)
カビ、細菌の同定(属) 外観検査(顕微鏡観察)、カビの培養試験、細菌同定キット
プラスチック、ゴムの種類等 外観検査(顕微鏡観察)、赤外分光分析
金属、ガラス、鉱物等

骨、歯、爪、化学繊維等

外観検査(顕微鏡観察)、赤外分光分折、X線分析
色素の定性

特定成分の分析

外観検査(顕微鏡観察)、赤外分光分折、X線分析、脂肪酸組成、ステロール組成、アミノ酸組成等
魚種判別 外観検査(顕微鏡観察)、DNAシークエンス法
植物種判別 外観検査(顕微鏡観察)、DNAシークエンス法
菌種の同定(種) 外観検査(顕微鏡観察)、真菌(カビ・酵母)、細菌の培養試験、DNAシークエンス法
動物種判別(毛、肉片) PCR法

▼判別可能動物

ヒト、ネコ、イヌ、ウサギ、ラット(ドブネズミ・クマネズミ)、マウス(ハツカネズミ)、ブタ、ウシ、ウマ、ヤギ、ヒツジ、ニワトリ

肉片

ブタ、ウシ、ウマ、ヤギ、ヒツジ、ニワトリ

異臭分析 ご依頼内容によって異なりますので、都度お問い合わせください。

日本食品検査

 

よくわからない検査方法などもありますが、X線や赤外線などはよく聞きますよね。

これだけでもしっかりと厳格に管理されていると感じます。

 

そもそも日本では食品に異物が混入しているとかなり話題になりますよね。

過去にはマクドナルドやセブンイレブンなどに異物が混入し話題になりました。

 

では一方で海外はどうなのでしょう?

参考までに今回はアメリカの異物混入基準を例に出します。

基準は以下の通りです。

どのような方法で検査をしているかは書いてありません。

 

しかしこれを見た限りでは、

「多少入っている位なら大丈夫だろう」と感じざるを得ないような基準ですよね。

 

もしあなたがコンビニで購入したオレンジジュースの中にハエの卵が5つ入っていたら?

10%カビが生えていたらどうでしょう?

 

間違いなく返品、返金をしますよね。

また人によっては製造元に苦情を入れるのではないでしょうか?

またはSNSに投稿しますよね。

 

だって日本で生きていたら食品の中にカビや卵等の異物が混入してることなんて滅多にありません。

入っていたら品質を疑いますよね。

しかし現実的な問題として海外では現にこのような基準で食品を製造しているのです。

 

つまり海外の人からすると「ちょっとくらい虫が入っていても健康に問題はないよね」

位の認識なのです。

そのため対応が私たち日本人にとっては不十分のように感じたのだ思います。

 

対策方法

 

ここで一つ疑問が生まれる方もいると思います。

それは「今後海外の食品を購入する時はどうすれば良いの?」

 

早速解決策から話すと、

「日本の仲介業者から購入する」ということです。

例えばシュールストレミングを販売していることで有名な三幸貿易(https://twitter.com/SANKO_TRADING) 

では海外からシュールストレミングなどの商品を仕入れ、独自で管理やチェックを行い日本国内に販売しています。

 

どうしても国と国による認識の違い、衛生管理に対する意識の違いはあります。

海外では少し異物が混入していても大きな話題にはならないようです。

そのため、もしかすると同じような事が今後も起きる可能性があります。

そのため確実に安全を求めたり、何かあった時の対応を求めるなら

日本の仲介業者から商品を購入しましょう。

 

またあまり悪く言うつもりはないのですが、Amazonなどで販売されている商品も物によりますが海外の会社から出品されていることも多々あります。

またはよくわからないような会社や個人からの販売も多いため、しっかり販売元を確認してから購入するのが確実です。

 

まとめ

つまり今回起きてしまった異物混入は、起きないほうがもちろんよかったのですが

しょうがない事だともいえると思います。

個人で気を付ける事が一番だと思うので商品を購入する際は気を付けるようにしましょう。

日本の会社が間に入っているなら、万が一何かあった時も安心できますからね。


-食事

© 2020 Oneday Powered by AFFINGER5