身体

目の疲れの原因は?改善、対策方法もご紹介

あなたの目は疲れていますか?

目の疲れにメリットはありません。

仕事では目が気になり集中できない事もあります。

また目つきが悪くなり怒っているように感じられているかもしれませんね。

そこで今回は、目の疲れの原因を理解して改善するための方法を紹介していきます。

目が疲れる原因

 

現代の生活ではスマホやPCなどを見る機会が圧倒的に多くなっています。

それが原因で目が疲れる人たちが圧倒的に多いですね。

いわゆるVDT(Visual Display Terminal)ストレスというものです。

パソコンやスマホなどの画面を長時間見続けていると瞬きの回数が減ります。

すると目が乾燥した状態でそのまま酷使してしまうため、より目が疲れやすくなってしまいます。

 

私たちの目は、カメラのレンズのような働きをする水晶体を調節しながら、ピントを合わせています。

 

この水晶体を調節するのが毛様体筋という筋肉で、水晶体を引っ張ったり緩めたりしています。

 

長時間のパソコン作業のように近くのモノをじっと見るような場合には、

毛様体筋はずっと緊張していることになり筋肉疲労を起こしてしまいます

 

老眼の場合は毛様体筋が弱まりピント調節力がなくなるため、近くが見づらくなります。

 

これを放置したまま無理して近くを見続けると、目が疲れやすくなります

また、正常な目の表面は涙に覆われていて滑らかですが、目が乾いていると涙が少ないために表面がでこぼこします。

 

すると通常であればピントが合っている状態でもぼやけてしまいます。

 

それでも私たちの脳はなんとかピントを合わせようと無理に筋肉を動かして調節しようとするので

 

通常よりも目の周りの筋肉を酷使することになり、疲れが生じます。

 

また長時間の作業で休憩をとらなかったり睡眠不足だったりすると

 

目を構成している細胞に必要な栄養や酸素が不足してしまいます。

 

その結果、細胞の代謝が低下してしまう為、疲労を回復しづらくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

すぐにできる目の疲れを改善、対策する方法

そんな目の疲れをすぐに改善する具体的な方法を紹介します

作業環境を改善する

VDTストレスは目の疲れにとても影響を与えます。

そのためまずはその環境を改善しましょう。

具体的にはパソコンの位置は近すぎないか、高さはあっているのか

またディスプレイの明るさは適切か。

しっかりと確認してみましょう。

ブルーライトカット眼鏡を使用する

液晶ディスプレイ、LED照明などの白色光や青色光などはまぶしさの原因になると前から指摘されていました。

寝る前にスマホを見ると寝れないのも、しらないうちにまぶしさの影響で

脳が興奮状態になっているのです。

そのためブルーライトカット眼鏡を使用することで、まぶしさを少しでも軽減しましょう。

 

目を温める

先ほども紹介した通り、目の疲れは筋肉の疲労も原因の一つです。

そのため、目の周りの筋肉を温めてあげましょう

睡眠前に行うとリラックス効果があり、副交感神経系が優位に働くので睡眠の質の向上にも効果的です。

おすすめは使い捨てのホットアイマスクか、小豆の力です。

めぐりズム蒸気でホットアイマスク 無香料

目に効くサプリを摂る

目にはブルーベリーが効果的だといいます。

濃い青紫色の果実が印象的です。この青紫色の「アントシアニン」が「目に良い」と言われる成分と関係しています。

アントシアニンはブルーベリーだけに入っている成分ではありません。

ナスや紫いも、他のベリー類などの青紫色の食べ物に含まれています。

しかしブルーベリーの場合は中までしっかり青紫色なっているため、他の野菜や果物に比べて含有量が多いのです。

ほかにも目の疲れに効果的なサプリなどは色々あります。

試してみるのも良いかもしれないですね。

目の機能性表示食品「えんきん」

 

 

現代において目の負担は大きくなっています。

そのためしっかりとしてケアを行ってあげる必要があります。

ぜひ今日から試してみてください。


-身体

© 2020 Oneday Powered by AFFINGER5