食事

コンビニ弁当は身体に良くない! その理由と対策方法

皆さんコンビニで買い物をしたことはありますか?

一回もない人はいないですよね。

 

聞いたことある人もいると思いますが、

コンビニ弁当は身体にあまりよくありません。

野菜なども例外ではありませんよ。

 

 

コンビニ弁当が身体に悪い理由

 

皆さん1,2日経過した手作りのお弁当などは食べないですよね?

 

しかしコンビニ弁当は製造→配送されるまで時間を要します。

確実に1,2日はかかるでしょう。

それなのに腐っている様子はなく、新鮮な見ためをしています。

 

皆さん疑問に思わないですか?

 

つまり時間が経っても腐らないように防腐剤や酸化防止剤

色合いを保つために着色料、風味を守る甘味料、香料など

例を上げたらきりがないくらいです。

 

具体的にどのような製造工程をしているかというと

カット野菜の場合、まず変色を抑えるために次亜塩素酸ナトリウム水溶液に漬けます。

塩素なのでプールのような匂いがします。

次に新鮮さを保つ為にペーハー調整剤に漬けます。

 

この工程をすることでコンビニでよく見かける色合いの良いシャキシャキ野菜の完成です。

つまりコンビニに置いてある商品はいくら見た目や食感が新鮮だとしても、

製造する工程で様々な添加物を含んでいることになります。

 

コンビニ弁当を食べ続けたら

 

コンビニの食品は製造する工程で様々な添加物を含むため、

栄養素はほとんどないようです。

そのため身体に栄養はほとんど残らず、添加物などが身体に吸収される一方になってしまうのです。

 

よく製造工場で働いている方たちは弁当を食べないという話を聞きますが、

先ほど紹介した製造工程を目にすると、食べたくなくなるのも当たり前ですよね...。

 

コンビニ弁当は食べない方がいいのか。

結論を離すと食べないほうが良いです。

身体に良くない成分が入っているので食べないに越したことはありません。

 

 

しかし現代においてコンビニの商品を食べないというのは中々難しいのではないですか?

一人暮らしをしていて自炊もしていないとなると、毎日コンビニ弁当を食べている方もいると思います。

なので意識的には、「なるべく食べないようにする」くらいの感覚でいいと思います。

というのも、腐っている弁当を食べたら一発でアウトですよね。

腹痛や下痢などの症状に見舞われます。

しかしコンビニ弁当はどうでしょうか?

1回や2回程度では身体に影響は出てきません

つまり身体には良くないけど、腐った食べ物よりは衛生的問題はないという事です。

なのでコンビニ弁当を食べる頻度を減らし、たまにはスーパーで食材を買ってきて自分で調理してみてはどうでしょか。

 

またお弁当を買う場所を変えるのもありだと思います。

最近は世間的に健康意識が高まってきたせいか、

無農薬食品を使用していたり

化学調味料や着色料、保存料などは一切使用していないものもかなり増えています。

 

そのようなお店でお弁当を買うのも一つの手ですね。

結局のところコンビニ弁当を毎日食べるような生活が身体に良くないのはわかったと思います。

できるときになるべく違う商品を食べるように心がけると健康には良いですね。


-食事

© 2020 Oneday Powered by AFFINGER5