身体

身体の冷えを放っておくと大変!原因と対策を実践しよう。

今年もかなり冷えてきましたね。

冬が近づいているように感じます。

 

そこで気になるのが身体の冷えです。

 

人間の身体は常に体温を一定にしようとします。

 

その為身体の一部でも冷えてしまうと身体にとっては良くない状態です。

 

しっかりと原因を知り、身体を冷やさないための対策を行いましょう。

 

身体の冷えるのはなぜなのか

寒さはもちろん体温を低下させる大きな原因の一つです。

 

また強風などでも体感温度はかなり下がりますよね。

 

しかしこれ以外にも冷えの原因はいくつかあるのです。

 

ストレスや生活習慣による自律神経の乱れ

自律神経とは、交感神経副交感神経の2種類の神経があります。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください

自律神経が乱れがちな方へ。神経を整える方法

 

 

自律神経は身体の血流を促したり、体温を管理する役割があります

 

しかしストレスや寝不足、不規則な生活習慣のせいで自律神経が乱れてしまいます。

 

すると血流や体温調節などの管理が難しくなります。

 

それが原因で身体の冷えにつながるのです。

 

血液循環が悪い

健康な人の血液はさらさらしています。

しかし不健康な人はドロドロしています。

 

不健康な食生活や喫煙をしている人などは特に循環が悪いので注意が必要です。

 

血液が熱を全身に運んでくれます。

 

つまり血液循環が悪い人は、熱が全身に運ばれにくくなります

 

 

また低血圧や貧血の人は血液を循環させる力や、血液の量が少ないためさらに注意が必要になります。

 

筋肉量が少ない

冷えの症状を訴える人は男性に比べ女性がかなり多いです。

 

その原因として考えられるのが筋肉量の違いです。

 

筋肉は働くことによって、その動きから熱を発します

 

さらに血流も促してくれるのです。

 

つまり筋肉量の少ない女性の方が冷えを感じやすいのはこのためです。

 

身体の水分量が多い

冬になると水分を身体の外へ出す機会は少ないのでは?

 

寒いから動きたくないし、運動なんてもってのほか。

 

汗をかくこともないですよね。

 

水分はすぐに温度が変わりやすいため、

 

身体の水分量が多いと冷えやすくなるのです。

 

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンが乱れる原因は

 

ストレス更年期、または妊娠・出産など多くの場面があります。

 

女性ホルモンの分泌が乱れる事によって冷えの原因になります。

 

身体を冷えないようにするための対策

 

身体が冷えてしまう様々な原因を理解したと思います。

 

自分の生活を振り返ってみて、何が当てはまるのか考えてみましょう。

 

そのうえで次に紹介する対策方法を実践するようにしましょう。

 

衣類を着る

まずは基本中の基本。

「寒くなったら着ろ!」です。

 

全身が寒くなったら全身に。

 

手先足先などの末端が寒くなったら靴下や、手袋を着て対策をしましょう。

 

しかし睡眠時に邪魔になったり、蒸れて汗をかいたりしないよう注意する必要があります。

 

注意しないと結果的に冷えにつながりますからね。

 

ウォーキングをする

冷えたら運動をしようと聞いたことありますよね。

それができたら苦労しませんよね…。

そんなあなたに少しでも運動しようと思える情報をお届けします。

 

 

そもそも人間の身体の70%の筋肉が下半身にあります。

それなら上半身を動かすより、下半身を動かしたほうが多くの筋肉を動かせますよね。

だから冷え対策はもちろん。

ダイエットや健康目的で効率よく筋肉を動かしたいならウォーキングがおすすめです。

 

お風呂に入る

シャワーではありません。

お湯を貯めた湯舟に浸かりましょう。

余裕があれば半身浴も望ましいです。

 

 

10分ほど時間をかけてゆっくり浸かることにより、

筋肉の深層部まで温めることができます。

 

いつもシャワーや5分ほどで出てきてしまう人は身体を芯まで温めることができていません。

10分間お風呂に浸かるようにしましょう。

 

食事に気を付ける

食べ物には

・身体を温める
・身体を冷やす

 

の2つに分けることができます。

基準は旬、育つ場所、色など様々です。

食べるものを選ぶ際の参考にしてください。

 

体を温める食べ物(冬が旬、寒冷地で育つ、地中で育つ、暖色系、水分が少ない、発酵食品)

・ニンジン・タマネギ・ジャガイモ・玄米・鮭・カツオ・納豆・キムチなど

 

 

体を冷やす食べ物(夏が旬、南国育ち、地上で育つ、寒色系、水分が多い)

・キュウリ・キャベツ・レタス・ナス・ほうれん草・梨・メロン・パイナップルなど

 

 

 

あなたの冷えの原因は何でしょうか?

自律神経の乱れ?筋肉量の少なさ?身体の水分の多さ?

どれにしてもしっかりとまず原因を理解しましょう。

 

 

そのうえで有効的な対策を行うと冷えに対して効果的です。

たかが冷えだと思ってはいけません。

「冷えは万病のもと」です。

冷えを感じる生活か感じない生活か選べるとしたら、感じない方にしますよね!

冬に向けてしっかり対策を行いましょう。


-, 身体

© 2020 Oneday Powered by AFFINGER5