食事

コーヒー飲むとおなかを壊す?成分とその原因とは。対策方法も解説します!

コーヒーを飲むとおなかを壊したり、便が緩くなったりすることがありますよね。

 

ちなみにあなたはコーヒーを飲むときは、

ブラックですか?ミルクや砂などを入れますか?

 

もしかするとその飲み方が原因でおなかを壊しているかもしれません。

 

詳しく見ていきましょう。

コーヒーを飲むとおなかを壊す原因

コーヒーでおなかを壊す原因は様々です。

また人によります。

この記事を参考にしていただき、自分で原因を探してみましょう。

 

色々な飲み物に含まれるカフェインが原因かも

まず最初の原因として考えられるものとしてカフェインがあります。

カフェインは知っていると思いますが眠気を妨げる効果があります。

これはカフェインが交感神経を刺激することで、脳を覚醒状態にさせるので

眠気がなくなるのです。

しかしこれがおなかを壊す原因にもなります。

 

 

交感神経を刺激し、覚醒状態になることで胃腸の働きを妨げてしまうのです。

つまり正常に胃腸が働かないため、体内の水分などが吸収されにくくなっています

 

なのでおなかをこわしてり、緩くなってしまうのです。

 

カフェインはコーヒーに限らず、エナジードリンクやお茶など様々な飲み物に入っているので気をつけましょう。

【飲み物(100ml)別のカフェイン含有量】

レギュラーコーヒー  :100~170mg
インスタントコーヒー :50mg
缶コーヒー(ブラック):50~100mg
紅茶         :20~60mg
栄養ドリンク     :50mg
ココア        :20~30mg
ほうじ茶       :20mg

 

やはりコーヒーは他の飲み物に比べ多いですね。

ただ紅茶や栄養ドリンクも多いので、注意が必要ですね。

 

コーヒーに入れた砂糖が原因の可能性も

実はコーヒーの成分ではなく、コーヒーに入れた砂糖が原因の可能性もあります。

糖分を摂取することで人間の身体の血糖値は上昇します

血糖値が上昇すると身体は下げようとするので腸から水分を放出します。

 

この放出される水分量が増えてしまうと、結果的におなかを壊したり下痢の症状になってしまいます

 

 

また最近では「ノンカロリーの砂糖」もありますよね。

そのような商品は、身体に吸収されにくい分解されにくいようになっています

そのため身体は早く体外に出そうとします。

これもおなかを壊す原因になるので、意外に砂糖も注意が必要です

コーヒーに入れたミルクが原因かも

小学校の時に給食で出される牛乳を飲まなかった人はいませんでしたか

私の周りには飲まない人もいましたね。

もちろん乳アレルギーの人もいると思います。

 

 

しかしアレルギーではないけど牛乳を飲むと体調を崩したり、おなかを壊すというのは

聞いたりもしますよね。

あなたももしかすると牛乳が原因でおなかを壊しているのかもしれません

 

過敏性腸症候群になっているかも

成分ではなく自分の身体のせいかもしれないですね。

その一つの要因として、過敏性腸症候群が考えられます。

ストレスなどを感じている人に多い症状です。

 

腸が敏感になってしまっているので、おなかに刺激の強い食べ物や飲み物を入れた時に、腹痛や下痢などの症状が起こってしまうのです。

もしストレスなどを感じているようなら、一度コーヒーを飲まないようにするのも一つの手ですね。

 

 

コーヒーを飲むことにでおなかを壊す原因について解説しました。

原因をまとめると

・カフェイン
・砂糖
・ミルク
・過敏性腸症候群

 

これらが原因でおなかを壊している可能性があります。

 

おなかを壊さない為の対策

原因として考えられることを先ほど紹介しました。

ではおなかを壊さない為にはどのような対策をすればよいのでしょうか。

 

コーヒーを飲みすぎない

基本ですが、コーヒーを飲みすぎない、飲む量を減らしましょう。

飲みすぎはカフェイン以外にも多くの成分を過剰摂取してしまいます

個人差はあるにせよ1日の飲む量は3~4杯ほどにしておきましょう。

 

カフェインレス、砂糖やミルクが入っていないコーヒーを飲む

最近はカフェインが入っていないカフェインレスコーヒーなどもかなり味がおいしいです。

また砂糖やミルクの入っていないブラックコーヒーを飲むようにするのも良いかもしれませんね

しかしブラックコーヒーが飲めない人は難しいですね。

 

空腹時にコーヒーを飲まない

朝起きた時や、長時間何も口にしていないときはコーヒーを飲まないようにしましょう。

というのも、コーヒーは他の飲み物に比べ刺激が強い飲み物です。

そのため空腹時に飲んでしまうと、おなかが過剰に反応してしまいおなかを壊しやすくなります。

またカフェインなどの過剰摂取にもつながってしまいます。

 

そのためコーヒーを飲む前におなかに何か入れるようにしましょう。

 

 

ここでおなかを壊さないための対策についてまとめましょう。

 

・コーヒーを飲みすぎない
・カフェインレス、砂糖やミルクが入っていないコーヒーを飲む
・空腹時にコーヒーを飲まない

 

 

今回の記事ではコーヒーを飲むことでおなかを壊してしまう原因と対策についてまとめました。

 

しかし人にはそれぞれ体質があります。

 

 

そのため原因や有効な対策方法などは人それぞれになります。

 

この記事を参考にしていただいて、自分に合うコーヒーの飲み方を見つけてください。

 


-食事

© 2020 Oneday Powered by AFFINGER5