身体

身体が硬くなる原因は?硬いとデメリットが多いのでしっかり改善しましょう。

あなたの身体は硬いですか?

 

もし硬いなら柔らかくする必要があります。

 

なぜなら身体が硬いことはデメリットが多いからです。

 

今日から身体を柔らかくする方法を実践しましょう。

 

体が硬くなる原因

身体が硬くなるという事は=関節の可動域が少なくなっているという事です。

 

筋肉や関節、靱帯など様々な要因で身体は硬くなってしまいます。

 

その中でも多くの原因として考えられるのが筋肉になります。

 

具体的になぜ筋肉は固まってしまうのか。

 

筋肉の萎縮

筋肉は使わなければ硬くなってしまいます。

 

ギプスなどをしたことがある人はわかると思いますが、

 

長時間固定され、筋肉を動かさないと萎縮してしまい関節の可動域はかなり狭くなります。

 

これと程度は違うかもしれませんが、筋肉を使わないことで硬くなる事はわかったと思います。

 

筋肉の緊張

 

これは一時的ではあるものの可動域を制限してしまいます。

 

例えばデスクワークで長時間座りっぱなしの状態から、腰を伸ばそうとしても硬くて動かないですよね。

 

このように長時間同じ姿勢で作業を行っている場合は特に筋肉が固まり、可動域に制限がかかります

 

一時的ではあるものの、毎日のように同じ姿勢で作業を行っていたら身体もだんだん硬くなってきますよ。

病気やけがの影響

過去に病気やケガをした人は身体が硬くなりやすいです。

 

 

例えば足の靱帯を損傷した場合、負傷した部分はリハビリで鍛えますよね。

 

あと身体もわかっているので、ケガの部分を強くしようと周りの筋肉、靱帯などを強化します。

 

するとケガをする前より、筋肉量が増えていたり強くなっていたというのはよく聞きますよね。

 

その影響で身体が硬くなってしまうのです。

 

身体が硬いことによるデメリット

 

身体が硬いことは様々なデメリットの要因になります。

 

あなたの身体も今このような状態だという事をしっかり理解しましょう。

 

血液の流れが悪い

身体が硬くなってしまうという事は筋肉が硬くなること。

 

その結果、血流まで悪くなってしまいます

 

血流が悪いことで身体に多くの影響をあたえてしまいます。

 

代謝が悪いため太りやすく痩せにくい
冷えやむくみの原因に
コリや痛みを感じやすい

 

 

血流が悪くなることで、代謝が悪くなってしまう為太りやすく痩せにくい。

 

また熱や水分なども全身に運ばれにくくなるので、特に手先足先などの末端などが冷えやすくなります。

 

さらに疲れや老廃物が身体に溜まってしまう為、コリ感や身体の痛みを感じやすく改善しにくい身体になります。

 

ケガをしやすくなる

筋肉が硬くなると、可動域が狭くなるためケガをしやすくなります。

 

可動域が狭いと、運動などをした際に何かしらの原因で関節に大きな力が加わり可動域以上の範囲に動いたとします。

 

するとそれに周りの筋肉や靱帯が耐えきれずにケガをしてしまうのです。

 

またぎっくり腰や寝違えなどの生活中のケガももちろん起こりやすくなるので注意が必要です。

 

病気の原因に

身体が硬いことは、病気につながることがあります。

 

先ほども説明した通り、身体が硬くなると血流が悪くなります。

 

血流が悪くなることで、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクも高まります。

 

 

また身体が硬いことは内蔵機能の低下にもつながるので

 

生活習慣病などのリスクも高まってしまいます。

 

 

 

このように身体が硬いことで多くのデメリットがあります。

 

そのため自分でも身体が硬いと感じているのなら柔らかくする必要があります。

 

ちなみに身体は勝手に柔らかくはなりません。

 

意識的に柔らかくしましょう

 

 

身体を柔らかくする方法

 

実際に筋肉を柔らかくする方法は色々あります。

 

しかしどれも継続させることが大事になるので、

 

自分の好みやライフスタイルなどを考えて、長く続けることができるケアをしていきましょう。

 

ストレッチ

 

これは定番ですね。

 

固まっている筋肉を伸ばせば柔らかくなりますから。

 

毎日しっかりと継続していけば確実に身体は柔らかくなりますよ

 

 

また気軽にできるので、一番確実で手軽な方法なのでぜひ実践してください。

 

 

運動をする

 

硬まっている身体は動かして柔らかくしないといけないですから、

 

ストレッチ同様に運動も行いましょう。

 

人間の筋肉の70%は下半身にあります。

 

そのためウォーキングやランニングなどの下半身の運動が効果的です。

 

ぜひ運動も継続しましょう。

 

身体を柔らかくする食べ物

ストレッチも運動も無理...。

 

という人は食べ物で身体を柔らかくしましょう。

 

食べ物の中には

 

関節を柔らかくする食べ物
筋肉を柔らかくする食べ物

 

の2種類ありがあります。

 

 

【関節を柔らかくする食べ物】

関節を柔らかくする成分は「コンドロイチン硫酸とグルコサミン」です。

 

これらの成分は関節周りの軟骨の主成分になります。

 

関節の軟骨や水分量を増やすことで関節が柔らかくなるのです。

 

コンドロイチン硫酸とグルコサミンが含まれる食物には、フカヒレ、ウナギ、牛・豚・鳥の軟骨、干しエビなど。

 

また、長芋、里芋、納豆、オクラ、ナメコなどネバネバした食材に多く含まれています。

 

 

 

【筋肉を柔らかくする食べ物」 

筋肉を柔らかくする方法は身体の酸化を防ぐことです。

 

身体の酸化を防ぐには、抗酸化力の高い食物を摂取したり、身体を弱アルカリ性に保ったりすること重要になります

 

しかし逆にアルカリ性の食べ物を摂りすぎると肌が黒ずんできたり、

 

免疫力が低下したりしてしまうこともあるので、バランスよく食べるようにしましょう。

 

 

身体をアルカリ性に保つには、和食が良いと言われています。玄米、味噌汁、梅干し、漬物などの和食

 

キャベツやほうれん草、ブロッコリーなどの野菜もアルカリ性を保つ効果があります。

 

 

身体の酸化を防ぐ食べ物には、ニンニク、ショウガ、ネギ、大葉など薬味に使われるものに多くの効果があります。

 

 

 

身体を柔らかくする方法を紹介しました。

 

身体が硬いままではデメリットが多く、結果的に不健康な生活になってしまいます。

 

しっかりと身体を柔らかくして健康に生活をしましょう。

 

そのためにぜひ紹介した内容を実践してみてください。


-身体

© 2020 Oneday Powered by AFFINGER5