身体

自律神経が乱れがちな方へ。神経を整える方法

自律神経は乱れていませんか?

もっと具体的にいうと

身体的症状
重だるさ、睡眠障害、頭痛、食欲不振、下痢便秘など

精神的症状
イライラ、眠い、やる気が起きない、不安感など

このような症状は自律神経の乱れかも。

今回の記事では自律神経の乱れる原因から整える方法まで説明していきます。

 

自律神経とは

そもそも自律神経を知っていますか?

 

自律神経には交感神経副交感神経の2種類から成り立っています。

交感神経が日中に活動するときに働く神経で、

副交感神経が睡眠時などリラックスするときに働く神経になります。

 

夏になると汗をかいたり、睡眠時には体温を高くするのも自律神経の働きです。

この2種類の神経のバランスが崩れてしまうと、自律神経の働きも低下してしまいます。

自律神経が乱れる原因

神経バランスが乱れる原因は日々の生活習慣が大きな要因として考えられます。

ストレス

ストレスにより神経が乱れている人はかなり多いでしょう

 

例えばトイレを我慢して思うように行くことができなかったり、

プレゼンなどの緊張する場面が多いなど。

適度なストレスは、緊張感や集中力を高めてくれるのに効果的ですが、

過度なストレスにメリットはありませんよ

季節

これはどうしようもないことですが、季節、特に変わり目などは神経が乱れやすくなります

気温や気候、気圧などが変化するため、身体はそれに順応しようとします

その結果、乱れやすくなるのです。

不規則な生活リズム

不規則な生活も神経が乱れる原因の一つで。

昔の人たちが日の出とともに起き、日の入りとともに寝るように

 

私たちの体は、一定にリズムで生活するようにできています

 

一定にリズムにすることで自律神経も働きやすくなります。

しかし夜更かしをしたり、昼夜逆転の生活をしていると

交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかず、神経が乱れるのは目に見えていますね。

ホルモンバランス

特に女性の場合はホルモンバランスによる影響もあります。

年齢により分泌されるホルモンに差がありますし、

妊娠、出産などはホルモンバランスが乱れやすくなります。

 

その結果神経バランスも崩れてしますのです。



 

乱れた自律神経を整える方法

では乱れた神経を整えるにはどうすれば良いのか。

体温をなるべく一定にする

体温をできるだけ一定になるように心がけましょう。

夏は体温が上がり、汗を書くことはストレスになり

神経の乱れにつながります。

 

また冬は寒くなり、筋肉が過緊張してしまいがちです。

これもまたストレスになりますし、身体への負担も大きくなります。

そのため体温はなるべく一定にするように対策をしましょう。

食事のタイミング

食事のタイミングは神経を整える上でかなり効果があります。

要するに、毎回同じ時間に食事を摂りましょう

 

食事をとる時間を一定にすることで身体は、

「この時間から消化活動を始めよう。」とか

「夕食はこの時間に食べたから、眠たくなるのはこの時間だな」

神経のバランスを一定にしてくれます。

身体を動かす

ランニングやウォーキング、ストレッチなどでも良いので身体を動かすようにしましょう。

身体を動かすことは、血流の促進、ストレスの発散などにもなり健康によいです。

また定期的な運動は生活リズムを作り、神経を整えてくれます。

 

 

この内容は健康面にもかなり効果的だと思います。

そのためにもぜひ今日から継続して行うことをお勧めします。

自律神経とうまく向き合っていきましょう


-身体

© 2020 Oneday Powered by AFFINGER5